セックスの障害を取り除いてくれるカベルタ

一般的に日本の女性は、男性の前でセックスを雑談の話題にする事は少ないと思います。
ですが、そんな日本の女性の中にも愛する男性のペニスによってオーガズムに達したい、という願望を抱いている方は多い様です。
一方男性にも、自分のペニスで愛する女性を性的に満足させたいと考えている方が多い事でしょう。
こうした願望はいたって自然なものですが、EDという症状がその願望の妨げになる事があります。

EDとはErectileDysfunctionの略で、日本では勃起不全と呼ばれるものです。
かつては男性の性機能障害全般をインポテンツと呼んでいました。

ですが、2,000年前後からはEDという呼び方が定着しています。
EDという名称の対象となる症状は幅広いもので、完全にペニスの勃起が起こらない重度のものから、勃起はするが以前ほどペニスの硬さを感じられない、と言ったものまでがその範疇に含まれます。

こうした範囲の広さから、ペニスの硬さが十分に得られない事により早漏気味になってしまっている方も、EDの可能性があると言えるでしょう。
EDは男性だけの問題ではなく、女性にとっても大きな問題です。
冒頭に挙げた様に、愛する男性のペニスでオーガズムを感じたいと思っていても、パートナーがEDではその願いを叶える事が出来ません。
しかし、1998年に登場したバイアグラなら、パートナーのEDを克服し、女性の性的な願望も叶える事が出来る可能性があります。
先に2,000年前後からEDという言葉が広まったと書きましたが、その要因となったのがこの世界初のED治療薬であるバイアグラの発売です。
バイアグラは男性が性的興奮を感じた時に、ペニスの勃起が起こりやすい状態を作る事が出来る医薬品です。
ですので、媚薬の様に性的興奮を促すものではありません、しかしその効果は強力です。

EDに悩む方のペニスを硬く勃起させ、その勃起を長時間持続させてくれるのです。
さて、このバイアグラには、同じ主成分を持つカベルタなどのジェネリック版が存在しています。
バイアグラは1999年の日本での発売以来、基本的に価格は変わっていません。

具体的には一錠あたり1,500円が相場です。
また、日本では医師の処方を受けなければ、入手する事が出来ない様になっています。
一方で、カベルタはバイアグラの6分の1程度の価格で購入する事が可能です。
ただし、日本国内では法的に認められていない医薬品となっているので、個人輸入代行業者を通じて購入する必要があります。
また、個人輸入で入手した医薬品は自己責任で使用する必要がある点も注意が必要と言えます。

しかし、バイアグラとの価格差は注意点を補って余りあるものです。
女性が安価なカベルタの購入方法を知っておけば、バイアグラが高額である事から購入を躊躇しているパートナーにカベルタの購入を勧める事も出来ます。
パートナーとのセックスを楽しむ事は恥ずかしい事ではありませんし、EDというセックスの障害になるものを解決する為にパートナー同士で話し合う事も重要な事です。
カベルタは、セックスについて真剣に考える男女に、安価な値段と確かな効果で力を貸してくれるED治療薬と言えるでしょう。